かいえむブログ

”最適化”実験

凡人が仕事で”目立つ”には?

今回は「仕事」がテーマです。

 

 

その前に簡単な自己紹介です。

コロナショック中に期間工を満了後、リモート転職活動を経て、とある地方の東証一部上場企業社員をしています。

 

 

さて、本業で評価されていますか?

簡潔に言います。良い意味で”一目”置かれていますか?

 

 

本業を疎かにして一発逆転を狙っていませんか?

大多数の”人間”は本業で結果を先に出す方が先決です。

残念ながら、 毎日ストレスフルなら副業する気力も湧かないのが現実です。

 

 

多少の逸脱だけで十分な結果は得られます。

要するに周囲と同じ事をしても”目立つ事”にはつながりません。 

 

 

本人の素質も関係していますが”過剰に逸脱”をすると”落差の激しい人生”です。

大多数に”輝かしい成功”か”再起不能の失敗”は不要です。

 

 

人は”少々の逸脱”で十分な結果と生活は送れます。

足るを知る生活の積み重ねによって”美しい人間の人生”は形成されています。

 

 

さて、凡人から逸脱している典型的な存在は”サイコパス”です。

”多少の結果を出す”ために”多少のサイコパスの傾向”に自身を変化させる行動は効果的です。

 

 

サイコパス能力を活用する為の具体的なアクションプランを”3つ紹介”します

 

 

①瞑想

サイコパスはマインドフルネス状態の接続が得意です。

マインドフルネスは最も”手軽”かつ”コスト”も発生しない方法です。

三分間の自身の”呼吸や感覚に集中する瞑想”で十分な効果はあります。

起床時と就寝時に瞑想する事は効果的です。

 

 

②運動

サイコパスは優れた心肺機能を持っています。

言い換えれば”心拍数の変化の幅が少ない”と実験結果にはあります。

簡単に言えば心肺機能を鍛える事は”良いサイコパス”への有効なアプローチ手段です。

⏬おすすめ書籍

サイコパスに学ぶ成功法則
 

 

 

③ 体調管理

心身の健康を損なう事は最大の敵です。

凡人故に結果を出す為の体調管理は使命です。

多少の結果を出す為に不摂生な生活を断捨離するだけです。

 

 

締め

人間は”圧倒的な結果”ではなく”多少の結果”を達成することで”身の丈に合った生活”を送れます。

 

 

それならば、良いサイコパスに近づく事が”幸福になる為の戦略”と言えます。

 

 

以上になります。

ありがとうございました。

 


マインドフルネスランキング