かいえむブログ

最適化の実験集

【就職】不幸になる「労働」の要因とは?

今回は労働についての話になります。

現代において”働く事”に対して多様な意見があると思います。

最適化生活

”あえて制限”された【自由時間の充実】が【人生の福音】

 

自分は数回の転職経験があります。

多様な労働環境、条件、形態で勤務した事があります。

 

 

そんな経験の中で自分の「幸福が最大化」された最適な労働要因を伝えたいと思います。※様々な意見があると思います。”自分なりの意見”ですので参考程度に楽しんで下さい。

 

 

早速の一つ目は勤務時間が短い事です。

「定時帰宅」が”平常運転”な職場の方が幸福です。時間の余裕は不幸に勝ります。

残業代で稼ぐ事や”長時間勤務=努力”という思考は捨てましょう。

 

 

余裕を持ちながら継続可能な環境に身を置く方が人生が充実する可能性を秘めています。

※人生を”爆発的に充実”させるのは”あえて”制限された時間の使い方にあります。

 

 

二つ目は通勤時間が短い事です。

”制限された時間”を有効利用する為には「通勤時間を徹底的に短く」する事です。

相乗効果的に人生の幸福度は高まります。

 

 

労働時間については早急に”変化する事が難しい”人も多いと思います。

しかし、通勤時間についてなら多数の方は引っ越し等で住居の変更は達成可能です。

※会社寮や住宅手当が発生するのがベストです。それ以外は「シェアハウス」も候補です。

 

 

自分の意見はシンプルです。しかし、労働での幸福については”真理”だと思っています。

 

 

タイトルにある不幸になる労働要因は逆に言い換えるだけです。

一つ、長時間勤務を是非とする職場である事。

二つ、通勤が長時間である事。

 

 

上記、二つが不幸になる働き方と自分は確信を持って言えます。

働いても楽にならない労働は人生で”甚大なリスク”です。

 

 

どんな手段を用いても迅速に逃げることをお勧めします。

 

 

 

⬇️ブログ実験中 


働くヒトランキング