怪人Mの実験集

生活最適化実験

【活動】期間工はブログをやらない理由がない

タイトル通り今回は期間工ブログの話になります。

現在、ブログを書いていない人にもブログをオススメする話に繋がります。

ブログから始まる

【文書能力】の欠如は【思考力】の欠如

 

自分は失業給付期間中に「プログラミングスクール」に通いながら「求職活動」の日々です。

⬇️ツイートしてる学校に通ってます。

 

 

過去に使用した「職業経歴書」や「履歴書」をアップデートしている最中ですが、以前の「文書能力」や「文書表現」を稚拙と恥じらいながら修正しています。

 

 

やはり、今の自分の「文書」に自信を持てるようになった一番の要因は「ブログ」です。

期間工時代に身につけた「読書習慣」のインプットも要因になっていると思います。

 

 

しかし、文書を作成して発信するアウトプット能力を発達させたと確信しています。

 

 

期間工から業種転換する際の職務経歴は表現の難易度は高くなります。※製造業や同一系統の期間工になる、起業するならば話は別です。

 

 

期間工の大多数の方は卒業後は転職を考えていると思います。

その時にブログを執筆の文書能力やランキング上位を狙うマーケティング能力は別の業界でも必ず通用します。

 

 

面接する企業が文書能力やWEBマーケティング能力を評価してくれるのならPR武器にもなります。

 

 

自分にスキルと実績がないと嘆く前にブログを始める事をオススメします。もちろん継続しなければ意味がありません。

"100記事"ほど"同一内容"でも"別表現“を使用して執筆すれば能力は向上していると思います。

 

 

PV数やランキング数が伸び悩んでも「継続した事に価値」を置く企業もいます。

 

 

毎日の業務で疲労しているかも知れません。

しかし、減産によって定時帰宅の余裕があるのならば、僅かな残業代を欲しがる前に将来に繋がる自己投資の一環としてブログを始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

⬇️ブログ実験中 

 


エンジニア・プログラマーランキング

【求職】期間工は【浦島太郎】

今回は求職活動の話になります。

調査の余裕

【逃避の為の転職活動】に【余裕】は【存在】しない。

自分は期間工を満了して「固定費と生活費が格安」な「シェアハウスを拠点」に失業給付期間中に「求職活動」と「能力開発」をしている最中です。

※それぞれの詳しい内容は過去記事参考して下さい。 

⬇️シェアハウスの記事

kaijin-m.hatenablog.com

 

⬇️能力開発の記事 

kaijin-m.hatenablog.com

 

 

先月末に離職票を提出して「7日間の待機期間中」です。※2020/7/4現在

そんな中で数冊ほど職業関係の本を読みました。

 

 

改めて自分は現在の転職市場について何も知らないと実感しました。

コロナの影響で転職市場は大きく変化しているかも知れませんが自分の予測に過ぎません。

 

 

WEB上の「情報収集で完結」するのではなく「転職エージェント」や「就職活動中の人」に会ってみたいと感じました。

 

 

数年間の変化は想像以上です。

タイトル通り期間工は浦島太郎です。

 

 

起業でも就職でも情報感度が低い暗闇状態危険で怪我します。

 

 

偶然にもシェアハウス主催の就職関連のイベントがあり飛び込んだ縁活用させて頂く予定です。

 

 

いきなり「転職エージェントを利用する」のは「無駄な抵抗がある人」も多いかも知れませんが「迅速な情報収集」するのなら転職市場のプロに会うだけでも価値があると思います。

※エージェントにも相性があるようですので合わないと感じたら離れるべきです。

 

 

期間工で得る事は多いですが市場調査は疎かになっている事が多いはずです。

今後、期間工卒業予定の方は調査から始めて浦島太郎解除するのが先決だと思います。

 

 

⬇️ブログ実験中

 
ルームシェア・シェアハウスランキング

 

 

 

 

【心理】新スキル取得前の基礎

今回は「心理」の話です。

新スキルの取得や「能力開発」にどう関わる基礎の部分を紹介します。

 

しなやかマインドセット

努力の【因数分解】で【難易度】を【低下】させる。

 

早速ですが、どちらのマインドセットが自分の中で「発現」しているかチェックして下さい。

※精神状態や環境によって変化もあります。

 

 

【こちこちマインドセット

①生まれつきの能力は不変と考える

②批判に弱く失敗に怯えている

③「才能という言葉」を「狭い意味」で使用している

 

 

【しなやかマインドセット

①能力は「筋肉」と同じで開発可能である 

②批判に寛容であり失敗は先行投資である

③「才能に期待しない」で「広い意味」で使用している

 

 

要するにしなやかマインドセットを取得しようということです。

このマインドセットを入手するのに確実な方法は筋肉を開発することです。

 

 

ダイエットを成功させるマインドと同じです。

再現性のない一回の努力で大きな変化を取得するのではなく努力を因数分解して変化を少しづつ起こす事です。

※前者は「脂肪吸引などの美容整形」です。後者は「食事内容を変化させた生活改善」です。

 

 

結果は同じかも知れませんが到達するまでの「過程」は違います。

結果よりも過程の中で手に入れたことの方が大きな価値があると断言します。

 

 

技能の取得も同じ事が言えます。

「1日8時間の無理した練習によるオーバーワークで4日休む人間」よりも「1日2時間の練習を工夫しつつ毎日する人間」の方が定着技能は高くなります。

 

 

つまり、「しなやかマインドセット」を装備しなければ新技能の「取得難易度」は必要以上に難関になってしまうのです。

 

 

 

⬇️ブログ実験中 


エンジニア・プログラマーランキング

 

 

 

 

 

 

【実験】健康への自己投資が【最強】

皆様にははありますか? 

道中楽しみたい

【目的】よりも【過程】を楽しめる【状態】

 

学校教育や書籍の中にも「夢を持って生きよう」や「夢は絶対に叶う」などの台詞が多く溢れています。

確かに素晴らしい文章であり綺麗な言葉です。

 

 

しかし、夢は日常生活の中でそんなに大事ですか?

 

 

個人的には夢を叶える人間夢以外を全て犠牲できる人間と言い換えれると思います。

 

夢の為と「台詞が使える人間」は狂信的な強みがあります。

 

 

確かに夢を持って生きる事は素晴らしい事だと思います。

しかし、夢を持っている事が羨ましいとも思えません。

 

 

自分には「夢」はありません。

しかし、現在を楽しむ為の健康的な体力や新しい事を受け入れる柔軟な思考への自己投資は二年間続いて、現在も継続しています。

 

 

自分は不健康な状態で抱いた夢を持って前進しても不幸になるだけでした。

 

 

二年間で不健康な状態から脱却できた現在の方が幸福だと断言します。

 

 

自分はto doよりもto beを充実させた方が幸福を感じる人間なのだと思います。

 

 

夢を追いかけて夢中に生きている事に疲れた人健康への投資を徹底したら状況は大きく変化する可能性があります。

 

 

それに、「健康な状態で生活を楽しみ」ながら「生活を地道な生活の営み」を継続していたらやりたい事呆気ない程、簡単に見つかると思います。

 

 

⬇️ブログ実験中 


エンジニア・プログラマーランキング


ルームシェア・シェアハウスランキング

 

 

【注意】共同生活の前に必要な経験

固定費や生活費が高い日本において、新しい生活形式としてシェアハウスを選択するケースが増えてくる可能性はあります。

 

 

一人で生活してきた経験

【一人生活】の人間が集まって【共同生活】

 

しかし、今までの人生で生活能力を鍛える環境で育たなかった人間が「シェアハウス生活」に最初から飛び込む事はオススメしません。

 

 

生活能力のない人間が共同生活に飛び込んだらフリーライダーになるだけです。

※「フリーライダー」は日常生活を「破綻」させるほどの強烈な存在です。

 

 

共同生活が成立するのは一人で判断して生活できる能力が備わった人間が集まってこそ有効な生活形態です。

 

 

簡単に言い換えれば一人暮らしの経験や「同等価値の実績」がない人間に共同生活は早すぎます。

 

 

一人で判断する生活をしていない人間に資格はありません。

 

 

高度に発展した現代社会において生活能力を鍛える環境に身を置く事自己判断で意図的に選択しなければ能力を鍛える機会は多くの場合は存在しないのかも知れません。

 

 

就職や進学する事で物理的に親から離れて生活する事は自分の人生を生きる選択最初の決断なのかも知れません。

 

 

 

 

⬇️ブログ実験中 


ルームシェア・シェアハウスランキング

 

 

 

 

 

 

【実験】職業訓練でコロナ・ショックを静観?

日本の有効求人倍率が下がっているとニュースにありました。[2020/6/30]

 

 

「コロナ・ショック」の影響は長期化して有効求人倍率が「リーマン・ショック」と同等かそれ以下になってしまう可能性もあるでしょう。

社会制度を活用する

【調べない人間】に【制度】は【活用】できない。

※有効求人倍率1.0以上なら仕事はある状況です。

リーマン・ショック時の有効求人倍率0.5は仕事がない状況です。

 

 

私事ですが、離職票が手に入ったのハローワークに提出してきました。

期間満了による退職ですので「給付制限なし」で失業給付支給対象となります。

※自己都合退職なら3ヶ月の給付制限が発生します。

※特別な事情が無い限り、現役期間工は期間満了の円満退職をオススメします。

 

 

ハローワーク公共職業訓練について聞いてきました。

3ヶ月〜6ヶ月の技能訓練を無料で受講できる国の就職支援制度です。

 

 

さらに訓練中は失業給付の期間も延長されるようです。

※原則、失業給付は求職者に対しての支援制度です。

※よって、失業給付は働く意思のない人間は受給資格はありません。

 

 

国からの支援制度を活用すれば3ヶ月の給付期間中に加算して3ヶ月〜6ヶ月の訓練期間を「自己投資」に充填可能です。

 

 

半年から9ヶ月間を自己研鑽に充填できる時間入手できます。

 

 

社会的生産性の高いスキルを身につけながら同時並行で求職活動も実施できます。

コロナの影響を静観可能な安定した環境で長期間の自己投資できれば社会的生産性の高い人間になれる可能性は飛躍的に向上すると思われます。

 

 

さらに、コロナ沈静後の初期に体力を残っていれば圧倒的有利なポジションを獲得できる可能性もあります。

 

 

職業訓練プログラミング技能などの技術を体得しつつ社会情勢に適応した上り調子の業界を見極めて飛び込む準備期間の実現が可能です。

 

 

ハローワークにて思考した事でしたが、日本の社会支援制度は「素晴らしい」と自分は思いました。

 

 

⬇️ブログ実験中 


エンジニア・プログラマーランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

【実験】期間工卒業後の【推奨】プラン

今回は期間工卒業後の推奨プランになります。

卒業後の進路が決定している方には関係のない話になります。

 

 

期間を卒業したばかりの自分の意見になります。

進路で迷っている方は一つの意見として参考にして下さい。

 

時短環境

【時短できる環境】への自己投資は【最適】

 

期間工から卒業した後はプログラミングスクールなどの回収可能な自己投資を行う事をお勧めします。

 

スクールと聞くと独学派猛烈に抗議します。

 

 

勘違いしている人間は多くいますが独学できる人間=自習できる人間です。つまり自習習慣を取得済の限られた人間だけです。

 

 

言い換えれば独学できる人間になるまでのスクール通いは合理的な判断です。

 

 

さて、貯金に成功している期間工にはある程度の資金源があります。

※クレジットカードを作成して信用力の証明書を手に入れておけば抜かりはありません。

※クレジットカードについては下記の記事参考して下さい。 

kaijin-m.hatenablog.com

資金を社会的価値の高い技能効率的に取得できる環境に活用できればスクールに通った投資額1年未満で償却可能です。

 

 

期間工比較的高収入かつ固定費が格安環境の体験がある人は理解可能かと思います。

 

 

それに、プログラミングを業務レベルまで取得できなくてもプログラマーの思考が理解できれば営業としての道は開けます。

 

 

成長分野の環境を職業選択できるようになれば、給金は自動的に向上していきます。

AIによる自動化などで悲観するだけで終わらず、その分野を活用して武器にしてしまった方が建設的です。

 

 

以上が自分が推奨する期間工卒業後のプランです。

 

 

ここからは、現役期間工の方もしくは期間工採用予定の方にお勧めしたい事を紹介します。

 

 

結論から言いますが「貯金」です。

1年か2年の期間内100万や200万のお金を貯金する成功体験をするのがお勧めします。

 

 

1年で貯金に成功したら再現性が高く貯金に対して有効な行動が深いレベルで理解できます。

※下記の過去記事の貯金術を参考にして下さい。 

kaijin-m.hatenablog.com

 

 

精神的に余裕を手に入れるためには、ある程度の生活資金は必要です。

 

 

 

 

⬇️ブログ実験中

 
エンジニア・プログラマーランキング