かいえむブログ

”最適化”実験

【戦略】凡人からの多少の”逸脱”方法

今回は”サイコパス”の話です。 

 

 

その前に簡単な自己紹介です。

コロナショックにより、DENSO期間工を早期満了後に「3ヶ月間」で「地方が本社にある東証一部上場企業」に内定しました。

 

 

多少の結果を出す為には多少の逸脱は必要条件です。

周囲と同じ事をしても”目立つ成果”にはつながりません。 

 

 

仮に”異常な逸脱”をすると”落差の激しい人生”です。

本人の自由意思と生まれつきの素質も関係しています。

 

 

しかし、大多数の凡人にとっては少々の逸脱で十分な結果と生活は送れます。

足るを知る生活を目指す方が人生は有意義な面もあります。

 

 

凡人から逸脱している典型的な存在は”サイコパス”です。

”多少の結果を出す”ために”多少のサイコパスの傾向”に自身を変化させる行動は正しいと思われます。

 

 

サイコパス傾向に近づく為の具体的なアクションプランを”3つ紹介”します

 

 

①瞑想

瞑想は最も”手軽”かつ”コスト”も発生しない方法です。

三分間の自身の”呼吸や感覚に集中する瞑想”で十分な効果はあります。

起床時と就寝時に瞑想する事は効果的です。

 

  

②多角的な思考

一つの選択肢に拘り過ぎていませんか?

実験的かつ多角的なアプローチが意外な解決策になりますが、、一般人が”思考の道具”を使用せずに多角的な思考が出来ると思いますか?

⏬おすすめ書籍 

考具 考具シリーズ

考具 考具シリーズ

 

 

 

 

③運動

サイコパスは優れた心肺機能を持っています。

言い換えれば”心拍数の変化の幅が少ない”と実験結果にはあります。

簡単に言えば心肺機能を鍛える事は”良いサイコパス”への有効なアプローチ手段です。

⏬おすすめ書籍

サイコパスに学ぶ成功法則
 

 

 

 

締め

人間は”圧倒的な結果”ではなく”多少の結果”を達成することで”身の丈に合った生活”を送れます。

 

 

それならば、良いサイコパスに近づく事が凡人がとるべき戦略ではないでしょうか?

 

 

 

⏬ブログ実験中


マインドフルネスランキング